NetCrunch Monitoring Platform

Widows監視

Windowsサーバー、ワークステーションのあらゆる側面を監視いただけます。パフォーマンス、イベント、アプリケーション、可用性および仮想環境も監視可能です。

エージェントのインストールも不要で設定も簡単です。

プロフェッショナルなWindowsの監視

NetCrunchは完全でプロフェッショナルなWindows監視ソリューションを提供しいます。Windows監視は、RPCやWMIなど様々なプロトコルに依存しています。 NetCrunchにはWindows監視用に約20の監視パック(監視設定のテンプレートのようなもの)が実装されています。 監視パックは、メモリ、ディスク、CPU使用率だけでなく多種のパラメータを追跡可能です。  

ユニバーサルWMIセンサーを使って、パフォーマンスカウンタやイベントなど、なんでも監視いただけます。状況によってPowerShellスクリプトを利用することが便利な場合があります。NetCrunchではこのPowerShellスクリプトを事前設定必要なく利用できます。

NetCrunchはイベント、サービスの状態、プロセス、およびシステムのパフォーマンスに関する多くのメトリクスを追跡します。また、ワークステーションの活動を監視し、業務時間外に何者かがワークステーションを立ち上げた時には通知するような目的のためにも利用いただけます。

NetCrunchはSNMPを使って御社のウィンドウズマシンを監視することもできますが、WMI、PerfMonやPowerShell使えば通常で必要な監視が全て実現できるため特別な 場合を除きSNMPによる監視を行う必要がありません。

包括的なWindowsの監視

  • パフォーマンスの監視

    NetCrunchでは、Windows本来のパフォーマンスカウンタやWMIオブジェクトとメトリクスを利用し、数多くのメトリクスを監視しています。

    NetCrunchを使用すると、ディスクカウンターを含めWindowsの全てのパフォーマンスカウンターをリモートから監視いただけます。対象カウンターは、システムとインストールされているソフトウェアに依存します。8つの異なるトリガータイプを使用して、カウンターのアラートを送付するトリガーを設定いただけます。

    カウンタによるイベント生成

    ノードステータス画面から各しきい値のトレンドと状態を容易に確認可能です。

    @Performance Counters

    Windowsカウンターの選択

    NetCrunchではカウンターの選択が簡単です。Windowsのネイティブカウンター画面で、対象のオブジェクトやカウンターを探そうとしたことがあるなら、フィルタ機能がない状態では特定情報を探すことが困難であることをご存知だと思います。

    @Select Windows counters

  • イベントログの監視

    NetCrunchはWMIと事前定義された監視パックを使用して、Windowsシステムの上のイベントを監視します。

    ログ監視はWindows監視の重要な機能す。

    NetCrunchはWMIを使い、複数のWindowsマシンからデータを収集し、フィルターや分析できます。

    簡単なアラートフィルターを定義し、イベントログ監視結果をNetCrunchアラートに変換可能です。

    これらのフィルターは自動的に適切なWQLクエリに変換されるため、お客様ご自身でコードを書く必要はありません。

    これらは思いのほか簡単です。

    @Event Log Alert

  • Windowsサービスの監視

    事前定義なしに、Windowsサービスを監視し、サービス停止や実行していない場合などにアラート検知できます。

    @Windows Services

    Windowsサービスの監視は、Windowsサーバーにインストールされているアプリケーションのほとんどを監視に不可欠です。サービスに対して最も頻繁に設定されるアラートは「サービスが作動していません」です。

    NetCrunchでは、ノードステータス画面でサービスの状態をビュー表示でき、Windowsサービスをリモートで管理可能です。

  • システムビュー

    システムの最も重要な部分の状態をリモートから洞察します。

    各Windowsマシンごとに、ノードステータス画面のシステムビューのタブにアクセスしていただけます。

    サービス、プロセス、セッションおよび保留中のアラートのリストを得ることが可能です。Hyper-Vマシンに対しては、仮想マシンのリストも入手可能です。

    @Windows Processes

  • Windowsプロセスの監視

    単一のプロセスまたはグループ化されたプロセスも監視できます。

    NetCrunchは単一のWindowsプロセスのリソース使用状態を監視でき、グループ化されているノード内で最も使われているプロセスもトップチャートで表示可能です。

    @Top Processes

    WMI Process Sensor

    このセンサーは、選択されたプロセスを監視します。プロセッサ使用率、ハンドル、インスタンス、メモリ、スレッドなどのカウンター情報を提供します。

    WMI Process Group Summary Sensor

    このセンサーは、複数のプロセスを追跡し、プロセス名にワイルドカード(*)を使用して、カンマで区切られている複数の名前パターンを追加できることによりプロセスセンサーの機能を拡張するものです。

  • SQLサーバーの監視

    SQLデータセンサーを使用すると、SQLサーバのデータベースへの接続やSQLサーバーのパフォーマンスのデータを監視できます。

    NetCrunchはMicrosoftのSQLサーバーの様々な側面を監視可能です。

    SQL監視パック

    Windowsやネットワークサービス、MS SQLイベントログの警告やエラーなど様々なパフォーマンスの主要メトリクスを監視します。プロセッサボトルネック分析、ディスク使用量、パフォーマンス、メモリ使用量分析、SQLサーバーのCPUパフォーマンス、SQLサーバーのメモリ、SQLサーバーI/Oレポートなどいくつかのレポートが用意されています。

    SQLプロトコルチェック

    SQLサーバープロトコルは、NetCrunchが認識し可用性をチェックできる70あまりのアプリケーションプロトコルの中の一つです。

    SQLクエリーセンサー

    NetCrunchにはSQLセンサーからデータをクエリする2つのセンサーが実装されています。これを使用して、認証プロセスをチェックしたり、システムテーブルやデータベースからデータを検索するためにもお使いいただけます。NetCrunchはSQLサーバーへのネイティブクライアント接続をサポートしています。

    SQL Query センサー

  • Hyper-Vの監視

    NetCurnchにはHyper-Vホストおよび仮想マシンの監視機能が実装されています。

    NetCrunchはHypervisorサービスのサマリ、Windowsシステム上のHyper-Vで作動する仮想マシンの状態を監視します。

    Hyper-Vホスト監視

    NetCrunchは対象システムでHyper-Vサービスが作動しているか自動的に検索し、Hyper-Vサービスの状態を追跡するHyper-Vサーバー監視パックを自動的に追加します。

    @Hyper-V Settings

    仮想マシン

    Hyper-Vホストを監視する場合、NetCrunchは、対象マシンがHyper-Vサーバー上で作動しているのか認識し、ノードステータス画面に追加情報を表示します。仮想マシンの状態とパラメータに関連したアラートを設定いただけます。

    グループ化されたノードがグリッド表示され、仮想マシンやホストに関する情報を入手可能です。

    @Hyper-V hosts

    Hyper-V 監視に関する詳細情報はこちらから

  • Windowsアップデートの監視と再起動の保留状態の監視

    NetCrunchでは、Windowsアップデートと再起動を監視する使いやすいセンサーを提供しています。

    Windows Updates Sensor

    このセンサーは選択したコンピュータのWindowsアップデートの情愛を監視します。インストール済みの更新数、インストール可能な更新数やインストールされていない更新の数をカウントします。

    Pending Reboot Sensors

    このセンサーはWMIを使い、Windowsマシンの保留中の再起動をチェックします。当センサーを使うには、監視するWindowsマシンの有効な認証情報を提供する必要があります。デフォルトでは保留中の再起動がある場合にアラートを検知します。

    Monitoring Windows Updates and Pending Rebootsの詳細はこちらから。

  • WMIセンサー

    12種類のすぐに使用できるセンサーが実装されており、スクリプトを用意する必要なくWMIを利用いただけます。

    基本的なWMIセンサーは、perfmon、プロセス、共有や時間差などの特定な目的を果たすために設計されたものです。高度なセンサーはより汎用的で、WMIクラスを調査したり、独自のWQLクエリーを生成可能であったりします。

    WMIパフォーマンスモニター

    NetCrunchはネイティブにパフォーマンス情報を監視しますが、データ受信がWMIからしか可能でない場合に備え、WMIの実装も代替方法として提供しています。このセンサーは、オブジェクトとクラスを自動的にマッピングするため、暗号化されたWMIクラス名を必要としません。

    ファイル共有

    このセンサーはWindows共有の状態を監視します。共有名を手動で入力しても、リストから入力することも可能です。

    プロセス

    単一のプロセスの監視をします。

    プロセスグループの概要

    複数のプロセスを検索することが可能なため、プロセスセンサー機能を拡張します。

    ADレプリケーション

    このセンサーは、複製エラーがないかWindowsドメインコントローラーをチェックするものです。

    保留中の再起動センサー

    このセンサーは、マシンがWindowsアップテートのための再起動が保守になっているかどうかチェックします。

    Windowsアップデート

    コンピュータのWindowsアップデートの状態を監視します。アップデートが失敗した場合はアラート検知します。

    リモートPing

    Pingをリモートにあるシステムから送信することで接続性をチェックします。

    Time Difference

    このセンサ―はリモートのマシンとNetCrunchやNTPサーバなどの参照マシン間の時間差をチェックします。

    WMI HDD ヘルス

    このセンサーは、ディスク不具合の予想ができるSMART技術がディスクに実装されている場合にHDDディスクのヘルス状態を監視するものです。

    WMIデータ

    オブジェクトのプロパティを検索するためのWMIクラスおよびインスタンス・キーを選択するセンサーです。

    WMIオブジェクト

    このセンサーは特定のWMIオブジェクトを監視します。WQLクエリのコードを書く必要はありません。

    WQLクエリー:オブジェクト

    カスタム化されたWQLクエリーを実行し、結果を処理します。

    WMI センサーに関する詳細情報はこちらから

  • PowerShellスクリプトの利用

    NetCrunchには広範囲な監視機能が実装されていますが、それでも常に新しい監視ニーズが発生することがあります。そのような場合にPoweShellを利用することで実現できる場合があります。

    NetCrunchは、カウンターやWMIを使いてお客様が必要とする監視全てをご提供可能です。高パフォーマンスを可能とした実装をしているため、数千ものマシンを監視可能です。

    しかし、既存の機能だけではどうしてもできないことが発生することもあり、その時は既存のスクリプトを加えるたけで解決できる場合があります。

    スクリプトセンサー

    このセンサーを使用すると、ローカルにあるNetCrunchサーバーマシン上でスクリプトもしくはプログラムを実行し、結果を処理します。NetCrunchがスクリプトに資格情報を渡すことが可能であるため、スクリプトはリモートマシンに接続することでデータを引き出すことも可能です。(リモートPowerShellを実行)

    リモートSSHスクリプトセンサー

    センサーは、リモートマシンでSSHを使用してスクリプトを実行します。SSHがWindowsで利用できるようになったため、リモートのPowershellスクリプトに代わる便利な方法です。

    スクリプトセンサーの詳細情報はこちらから

  • ハードウェア&ソフトウェアのインベントリ

    全てのハードウェアコンポーネントとインストールされたソフトウェアを追跡します。

    NetCrunchは、Windowsコンピュータからハードウェアおよびソフトウェアのインベントリ情報を収集できます。

    各Windowsマシンに関する詳細情報、インストールされている修正プログラムのリストを表示します。NetCrunchは、それぞれの監査結果を比較し、ハードウェアやソフトウェアの領域の差異を表示します。また、複数ノードのソフトウェアのインベントリ概要も表示可能です。

    @Inventory View

  • ファイルとフォルダの監視

    Windowsマシンのファイルとフォルダをリモートから監視可能です。

    ファイルセンサーはファイルの存在、サイズ、または修正がされているかを監視します。また、ファイルの内容を検索したり、新規のテキストログの追加を監視し、アラートとして検知することができます。

    フォルダーセンサーは特定のフォルダのコンテンツを監視するのに使われます。例えば、新規のファイルが追加された場合や既存のファイルが削除された場合などです。

NetCrunch Performance Monitor

Windowsマシンやサーバーだけでなくネットワーク全体を監視するのに一番簡単な方法と言えます。

NetCrunch Starter Packs

NetCrunch Platform

Describe NetCrunch platform and some links here

AdRem Software is a partner of