NetCrunch Monitoring Platform

NetCrunchを使った帯域監視

NetCrunchは帯域幅の監視を簡単にします。SNMP、NetFlow、IPFix、sFlow、jFlowなどのテクノロジーを使用して、ネットワークの帯域幅の使用状況を簡単に追跡および確認できます。

容易な帯域の監視

帯域を占有しているのは誰か?

お客様からネットワークが遅いとクレームが挙がり、問題の原因を早急に発見しなくてはならない事態はよくあることです。問題の根源がアプリケーションなのか、サーバーなのかネットワークなのか、、、ネットワークパフォーマンスに対する正しい洞察なしにその答えを出すのは不可能です。

NetCrunchをお使いになれば、御社のネットワークを一望でき、ネットワークの遅延原因がどのデバイスにあるのかを簡単に見つけることが可能となります。

帯域の監視とは?

帯域監視とは、ネットワーク上で利用することができる実際の帯域を測定することであり、監視用ツールは、ダウンロードやアップロードの速度、カウンターやネットワークの負荷などのリアルタイムのデータを表示するものです。

ネットワークでお使いのデバイスにより、異なるトラフィックのタイプ別にそれぞれの帯域を割り当てることでトラフィックを形づくることができます。これは全体のトラフィック量を把握しているだけではなく、トラフィックの構造を知らないと計画を立てることはできません。

帯域使用を実際に確認する

基本的な帯域監視はスイッチのポートに流れるトラフィックを監視することから始まります。この方法はトラフィックの全容を把握することができますが、トラフィックの流れの構造についての情報を得ることはほとんどできません。

トラフィックについての理解を深めるためには、ルーターが送信するフローパケットから、帯域使用を反映するトラフィックの構造を表示するNetFlow, jFlow, sFlowやNBARなどの技術を利用し、帯域分析を行うこともできるでしょう。

  • トラフィックフロー分析による帯域の監視

    NetFlow、sFlow、jFlow,そしてCisco NBARを備えたトラフィック分析を利用し帯域使用率を監視いただけます。

    NetCrunchトラフィック分析はIPFix、NetFlow v5/v9、jFlow、sFlow、netStream、cFlow、AppFlowやrFlowをサポートするCiscoやその他のベンダのデバイスのフロー情報を処理します。

    NetCrunchはNBARv2のアプリケーション監視をサポートしています。CiscoのNBARを実装していないデバイスに関しては、NetCrunchのフロー分析にあるアプリケーション定義をカスタマイズいただくことで監視可能です。

    詳しくは Traffic Flow Analyzer Module をご連ください。

    @Flow Dashboard

  • SNMPとRMONを使ったトラフィックの監視

    特定のデバイスを対象にするためにMIBを使うかもしくはRMONプローブをお使いいただけます。

    NetCrunchには、スイッチ、ルーター、アクセスポイントなど数多くのデバイス用に8700以上のコンパイル済みMIBのライブラリが含まれています。

    NetCrunchのMIBコンパイラは柔軟であるため、簡単に新規に新たなMIBを追加いただけます。問題がある場合はアドレム側で追加いたします。

    監視パック

    RMON Traffic (SNMP)
    RMONを介してトラフィック・データ情報を提供できるデバイス上のイーサネットのインターフェイスごとの統計を収集し表示します。
    Network Traffic (SNMP) (automatic)
    トラフィックの統計とトップチャート用にデータを収集します。適切なデバイスに自動的に割り当てられます。NetCrunchのポリシーをベースにした管理により、既存の定義を拡張したり、特定のデバイス用に類似したポリシーを作成適用いただくこともできます。
  • レイヤー2マッピングと監視

    NetCrunchは、各ポートに流れるトラフィックがわかるレイヤー2のマップを自動的に表示します。

    NetCrunchのレイヤー2マップはリアルタイムのトラフィック情報を表示しています。

    NetCrunchは、各ポートに過去24時間内、または過去1時間内のトラフィック量を可視化することもできます。

    @Current Traffic

  • リアルタイムなポートトラフィックの監視

    NetCrunchは、スイッチの全ポートに流れるトラフィックを監視し、それをリアルタイムに表示します。

    トポロジーマップ上の任意のスイッチ接続をクリックすると選択した接続ポートに流れるトラフィックをリアルタイムに表示することができます。

    また、リアルタイム表示から、過去24時間、過去7日間または過去30日のトレンドチャートへと表示のレンジを素早く変更することが可能です。

    詳しくはLayer 2 Mappingをご参照ください。

    @Switch Port Traffic

  • サーバーネットワーク帯域の監視

    NetCrunchはネットワークの使用率を含め主要なOS全てを対象とした監視パックを提供しています。

    NetCrunchは次のような主要なオペレーションシステムのネットワーク使用状況を監視できます。

    • Windows
    • Linux
    • BSD, FreeBSD, NetBSD
    • Solaris
    • Mac OS X

    下記のパラメータも監視できます。

    • ネットワークカードの総トラフィック
    • 送受信パケット数
    • 破棄、エラー、ユニキャストパケットおよび不明なプロトコルの数
  • 定義済みトップチャートビュー

    NetCrunchは様々な帯域監視を自動的に有効化し、それらをトップチャートで表示します。

    NetCrunchはサーバーやスイッチの帯域を自動的に監視します。必要なチャートはすぐにお使いいただけます。

    トップチャートは、アトラスで定義されたデバイスのグループと、NetCrunchが自動的に作成する多くのグループ(基本的にフィルター条件によって作成された)のデータを集計します。

    トップチャートには、

    • ネットワークトラフィック(スイッチとルーター)
    • トラフィック別のトップインターフェース
    • ネットワークトラフィック(サーバー)

    が含まれます。

    @Bandwidth Top Charts

NetCrunchの帯域監視であなたの時間を節約できるでしょう!

NetCunchをご利用になることで、他社には負けない設定の素早さや監視のパフォーマンスをご実感ください。NetCrunchは一台の監視サーバーから35,000ものスイッチのインターフェイスを監視できるのです。

NetCrunch Modules

NetCrunch Monitoring Platform

NetCrunch is also an integrated platform for monitoring IT systems in various fields such as network monitoring, server monitoring, application monitoring, IoT monitoring, availability monitoring, cloud monitoring and database monitoring.

AdRem Software is a partner of